「Scalaスケーラブルプログラミング」9章

  • 理解
    • higher order functions : 関数を引数とする関数 により,手続きの抽象化が簡単にできる
    • カリー化: 第一引数を与えたもとで,第二引数のみを引数とする関数を定義する により, 第一引数: 普通の変数, 第二引数: 処理(関数)が, function (引数) {処理} と書ける, 特に,処理に引数が渡せていることがポイント
    • by name parameters: 引数なし関数を () => Typeではなく=> Typeとして書くこと x > 3という条件を引数として中で処理をする場合など. booleanを引数とすれば良いのではないかという話もあるが,Assertionの例で 副作用の違いが出てくる
  • わからなかった
    • 関数を引数としてとるのが役に立つとのことだが,関数を返す関数はどうか
    • なぜリスト9.1は objectか,classではないのか.変数がないからすでにobjectというのはわかる気がするが